出羽庄内森林組合

出羽庄内森林組合の概要

1.代表者等

役職 氏名
代表理事組合長 山本 益生
副組合長理事 山本 啓
代表監事 芳賀 繁夫

2.組合の概要

令和3年4月現在
所在地(本所) 山形県鶴岡市大字水沢字山ノ腰31-1
出張所 朝日出張所、立川出張所
設立 平成9年4月1日
出資金 1億5,031万5千円
組合員数 5,451名(正組合員5,450名、准組合員1名)
総代(定数) 250名
役員 理事15名、監事3名
職員 12名
現場従業員 34名(常用28名、臨時6名)
許認可 中核森林組合認定
JAS認定工場
営業品目 森林整備、素材販売、製材加工
有資格者 森林施業プランナー  2名
フォレストリーダー  7名
松保護士 1名
設立経緯等 平成9年4月1日、当時の鶴岡市森林組合、立川町森林組合、羽黒町森林組合、櫛引町森林組合、朝日村森林組合の5つの森林組合が合併し出羽庄内森林組合が設立されました。管内の森林面積は95,129ヘクタールあり、その内訳は、国有林が61,316ヘクタール、民有林が33,813ヘクタールとなっています。また、その内、組合員が所有する森林は約18,325haで、組合加入率は54%となっています。

3.第2次中期経営計画における経営理念及び経営ビジョン

計画期間 令和3年度~令和7年度(5年間)
経営理念 『人・森林資源の循環及び地域経済の発展のために』出羽庄内森林組合は、地域林業の中核として管内の森林・林業・木材産業の発展に貢献し、森林が発揮する多様な公益的機能を向上させるため、組合員及び森林所有者との合意のもと積極的に森林整備を進め、森林資源の充実及び効率的循環を図り、組合員の経済的社会的地位の向上と地域経済の発展を目指す。
経営ビジョン
  • ①組織の充実・強化 事業の効率・円滑化のため組合の組織・運営体制の充実・強化を図るとともに、役職員・現場技術員の資質・能力の向上を促進し、自立した組合を目指す。 
  • ②事業の拡大及び収益性の向上による経営の安定化人工林が成熟期を迎え林産事業・販売事業が拡大し、また、森林環境譲与税を財源とした「森林経営巻織制度」や森林組合法の改正による新たな仕組みが始まった中、事業の拡大及び収益性の向上による経営の安定化を図り、組合員への利益還元に努める。
  • ③組合員へのサービスの向上組合員へ補助制度等有利な情報を提供するともに、長期経営委託による所有森林の維持管理に努め、組合員から信頼される組合の構築を目指す。

『でわもり』2021 No.50(pdf)

『でわもり』20201 No.50

『でわもり』2021 No.49(pdf)

『でわもり』2020 No.49

バックナンバー

出羽庄内森林組合

〒999-7542
山形県鶴岡市大字水沢字山ノ腰31-1 お問い合わせ
TEL:0235-35-2515
FAX:0235-35-2556
出羽庄内森林組合